株式会社渡辺製作所
株式会社渡辺製作所 金属に命を吹き込む金属に命を吹き込む
村木 歩 営業部 課長 1995年入社 好きな言葉:敬客愛品

仕事内容について

第4課では、高周波焼入れを行っています。カムシャフトの専用ラインになっているため、毎月20〜30種類のさまざまなカムシャフトを取り扱っています。
このラインがある第4工場を任されているので、人・モノ・金の全てに携わっています。

 

仕事の魅力について

第4工場の仕事の進め方は他と違っており、営業が間に入らず、直接お客様から熱処理の依頼がくる流れになっています。数多くの要素を踏まえながら、お客様のご依頼に応えていくのは大変ですが、うまく進められたときは嬉しく思いますね。
この他にも人材の育成も重要な課題と考えているので、さまざまなタイプの部下たちをいかにやる気を出させて仕事に取り組んでもらうかを試行錯誤しています。個性的な若手が多いのが特徴なので、なるべくその人に合わせた対応を心がけています。

この仕事をやるようになって

3年前くらいから今の役職となって工場を管理していますが、品質の向上に取り組んでいます。毎月20万本ほどのカムシャフトの熱処理を行っているので、これら量産品の品質を上げることが現在の目標ですね。
当社の熱処理技術は相当高いと自負しているので、量産における品質を安定させることでさらに、お客様から信頼されるようになっていくと考えています。

 

 

古川 貴啓 製造部 第2課 係長 2002年入社 好きな言葉:継続は力なり

仕事内容について

主に真空熱処理を行う第3工場で工程管理を行っています。
真空状態で熱処理を行うので鉄の光沢を消さずに処理できる特徴があり、主に車の部品等の熱処理を行っています。
工程を管理する立場になったばかりで、まだまだ人や設備のチェックやうまく進める方法を探りながら毎日努力している段階ですね。難しい立場ですが、若い世代が多い当社の中で引っ張って行く役割を果たしたいと思います。

 

日々の仕事で心がけていること

工場内にいる人は、スキルのレベルが皆異なるので、なるべく同じくらいまで高められるようにしたいと考えています。
作業を行う人によって品質に差が出るのではなく、誰がやっても高い品質が保てるようにしたいですね。
そのために作業の手順書を作成したり、その人に合わせたアドバイスをするようにしていますが、なかなか難しいですね。

この仕事をやるようになって

最近では、お客様の方で在庫をあまり持たずに「必要な時にすぐに欲しい」という要望が多くなっています。その場合、当社で行う熱処理に関しても納期の管理が非常に大事になってくるため、機械や人が順調に動いてお客様が必要とされている期限までに熱処理を行う必要があります。
管理する立場になって、より工場内がスムーズに動くために自分のできることは何かを考えるようになりました。

 

 

渡邉 敦志 製造部 第3課 班長 2005年入社 好きな言葉:努力

仕事内容について

品質管理部に属して、熱処理を行った製品について品質の検査を行っています。
主に試作品など、お客様から新しくいただいた要望が当社の熱処理で対応できているか、量産に入る前の段階でのチェックが多いです。
金属の硬さや硬度深さなど金属組織の確認などを主に行っています。

 

日々の仕事で心がけていること

熱処理は製品の見た目は変わらないのに、モノの性質がガラッと変わる特性があります。お客様の用途に応じて、硬さや粗さなど品質特性をコントロールすることが重要。
この目的をしっかり把握することで適切な熱処理ができるように、検査の際も原因と結果の関係を考えるようにしています。
ISOの推進にも携わっているので、品質管理を全社的に行えるように取り組んでいます。

この仕事をやるようになって

私は熱処理を学んできたわけではないので、会社に入ってから身につけた知識がほとんどなのですが、学ぶほどに興味が湧いてとても面白い分野だと感じています。
何故この結果になるのか、ということも知識があれば究明できたりするのですが、その知識がまだなかったりすると原因が見つからなかったりするので、早く知識を身につけて、より良い熱処理の方法を見つけていきたいですね。幸い、当社には資格を持ったプロが多くいるので、助けを借りて知識を増やしていきたいです。

 

 

稲垣 達 製造部 第3課 2006年入社 好きな言葉:我が道を行く

仕事内容について

新しく稼動する二本松工場でバッチ炉を担当するべく、第2工場で基本作業を覚えています。
バッチ炉では、金属表面に炭素を増やして表面を硬くする熱処理を行っています。最初は覚えることが多すぎて、苦労した思い出が多いです。
大学時代の地元である福島で新工場のメンバーとして働けるので、早く仕事の段取りを覚えて頼りにされるようになりたいですね。

 

日々の仕事で心掛けてること

キレイに仕事をしたいと考えています。整理整頓を行って効率的に動けるようにしたり、設備を汚さないようにと考えています。
新しい工場の機械を長く使っていきたいですし、後工程の人のことを考えたりして全体的にスムーズに仕事が進むように心がけています。

この仕事をやるようになって

大学は工学部だったのですが、熱処理はほとんど経験がありませんでした。しかし、一度会社訪問をしてみて、面白そうに感じたのと、誰も持っていないような熱処理の資格を社員の皆さんが持っていて、会社で取得できると聞いて、入社を決めました。
最近になって自分でも炉をコントロールできるようになってきて、ようやく仕事を動かすのが楽しくなってきました。早くたくさん資格を取得できるようにしたいですね。

↑ページの先頭へ

Copyright (C) WATANABE MANUFACTURING Co.,ltd. All Rights Reserved.